Clicky

ウィッカ魔術

ウィッカ魔術

 - ウィッカの原則
クスコ゚ーフテヨ: オカルト >> ウィッカ魔術

ウィッカ魔術‐ウィッカとは?
ウィッカ魔術とは何か?ウィッカ宗教は古代異教徒の信仰から発していても、この慣習が始まったのは約50年前からでした。1940年と1950年にヘラルド・ガードナーがいろいろな種類の宗教を寄せ集めたものでフリーメイャ唐ナ行なわれている儀式としても良く知られています。ガードナーの信奉する礼拝システムについての本が出版されて以来、至る所にウィッカ分派が発生しました。

信条や礼拝に関してウィッカの中にこれといった“教え”の違いはありません。あるウィッカは“神々”を礼拝し他の派は“神”を礼拝し、またある派は神々と神の両方を礼拝し、ある人々は自然を礼拝しています。キリスト教を拒否するウィッカもいれば承認するウィッカ信者もいます。しかし殆んどのウィッカ信奉者たちは霊魂の生まれ変わりを信じています。

ウィッカ信者たちの殆んどが、悪魔は彼らのパンセオンではないことに同意し悪魔礼拝を強く否定しています。しかし善と悪は同一ではないので関連性もありません。ですからこの思想は彼らの道徳的基準概念否認ということになります。ウィッカは“他人に害を与えなければ、自分のしたいことは何でもしても良い”、“ウィッカの忠告”と呼ばれる一つの法則に束縛されています。この三つの‐折り目法は“他人に良いことをすれば必ず自分にも返ってくるといっています。では他人に害を与えればどうなるのでしょうか? 三つの-折り目法の概念によれば、同じように自分にも必ず害が返って来ることになります。”


ウィッカ魔術‐洗脳
ウィッカ魔術とは? 全てのウィッカが悪魔礼拝をしているわけではありません(自分自身を魔法と奇術師とに切り離し“マジック”と呼んでいる)。クリスチャンが神に願い人々を癒し彼らの生涯に神が関わってくださるように祈るのに対して、ウィッカのマジック行為はただ自分自身を洗脳するだけです。彼らの言う“忠告”は他の人に害を加えれば三つの-折り目法が加えられるので人に害を加えることを禁じています。ですから彼ら自身はウィッカを“白い魔女たち”または“自然の魔女たち”と呼んでいます。

基本的に言うとウィッカの信条は他人に干渉せず環境や周りの人々と平和を保つといって良いでしょう。またウィッカは自分たちの信頼を得るためにキリスト教と平行線を辿ることに熱心です。しかし聖書ではこの宗教を何と言っているのでしょうか? “ウィッカ”という呼び名は聖書に帰されていません。彼らの信条について神はなんといっているか調べてみましょう。

  • ウィッカ魔術は偶像礼拝‐ローマ1:25ではこのようにいっています、“それは、彼らが神を真理と偽りと取り代え、造り主の代わりに造られた物を拝み、これに仕えたからです...”誰が第二番目のものに仕えたいと思いますか。イザヤ書40章では、創造主である神は、御自分の創造された被造物に比べるとなんと偉大な御方であるかを明確に示しています。ですからウィッカ信仰は時間を無駄に空回させる行為なのです。

  • ウィッカ魔術は間違った希望に陥る‐ヘブル9:27では、“そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように...”と記されています。私たちの人生のチャンスは一度だけである、と神がいってるのでやり直しはありません。私たちが生きている間に、神のギフトであるイエスを救い主として受け入れないなら、神の存在を拒否したとして地獄に送られるのです。

  • ウィッカ魔術は幻滅に至る‐マルコ7:8ではこういっています、“あなたがたは、神の戒めを捨てて、人間の言い伝えを堅く守っている”。神が神なのであって、私たちは神ではありません。だれでも神の言葉と神の世界観を受け入れるか拒否するかの決断をしなければなりません。神を知るには忍耐と訓練が必要です。ウィッカ信仰は善意の探求という名で飾られた嘘の箱に綺麗なリボンが結ばれているようなものです。実際は怠惰で単細胞で空っぽな教義なのです。

  • ウィッカ魔術は反逆をもたらす‐趨ス記18:10−12では、“あなたがたのうちに…占いをする者、口寄せ、死人に伺いをたてる者があってはならない…これらのことを行なう者はみな、主が忌み嫌われるからである…”ウィッカ魔術は、私たちを神と神の言葉から切り離す罪の行為なので神が忌み嫌われるのです。


ウィッカ魔術‐神と切り離される
社会で起きる悪質で嫌な行為だけが罪なのではありません。罪の本質とは私たちが神と切り離されることです。神に関するどんなトピックでも拒否し反抗するのが罪です。罪がこのように言いました;“神さま、私は自分流に人生を生きたいのです。” しかしローマ書3:23節では次のように言っています、“すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず…”、ローマ6:23では、“罪から来る報酬は死です…”。このことは、私たちの肉体の死だけでなく、神と神の臨在がもたらすすべての祝福から切り離される私たちの霊的死を意味しています。罪の報酬である地獄の定義:神の存在がない。

しかしローマ書6:23を続けて読むと、“しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。”神は私たちが反抗的なのを知っています。そして私たちを御自分と切り離さないようにとその方法をも備えてくださいました。主よありがとうございます。

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


如何してキリスト教ですか?

タロットカード占い
チャネィング
セレスタイン予¥言
悪魔礼拝
ブードゥー教
オカルト
体外離脱体験
手相占い
ウィッカ魔術

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add ウィッカ魔術 to My Google!
Add ウィッカ魔術 to My Yahoo!
XML Feed: ウィッカ魔術
オカルト 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutTheOccult.org, 著作権所有.